環境に優しく財布にも優しい太陽光発電

Author: admin  //  Category: 太陽光良かったこと

太陽光発電は風力や地熱、水力などと同じく、CO2排出のない環境にやさしい発電方式です。
太陽が燃え尽きるまで利用できるため、埋蔵量としては事実上無限といえます。
現在、日本では風力は陸地では適した場所が少なく、洋上ではまだ技術がじゅうぶんではないなどの問題があります。
水力はダムの建設できる場所は限界に近づいており、これ以上は望みにくい状態です。
地熱は技術は確立していますし安定して発電できる優れた方式ですが、温泉への悪影響を恐れる周辺の温泉地との衝突があり、なかなか導入が進まない状況です。
太陽光発電は設置場所は各家庭の屋根などを利用するためとくに問題はありません。
ただ、発電効率はいまだ満足のいくレベルには達していないため、現在は補助金や買取制度によって量産効果と技術開発の促進を行なっています。
電気の買取制度は各電力会社に義務付けられており、余った電力は一定の金額で買取をしてくれることになっています。
買取価格は契約をかわした年に決定され、以後20年間は固定されるため、買取価格の変動で目算が狂うということはありません。
この値段はかなり高めに設定されており、10年ほどで元が取れると言われています。
パネルの保証期間は20年以上で、パワーコンディショナーなどの機械部分は10年ほどですから、まず問題なく得をすることになります。
設置をすると発電状況や電気使用量をモニターできるようになります。
これによりどういった機器を使っている時にどのくらい電気を使っているかが分かりやすくなります。
目に見える数字が出ると節電もやりやすくなるといった効果があります。
また、太陽光発電設備は災害時にも強い味方になります。
昼間しか発電できませんし供給量も安定しませんが、充電式の機器は問題なく使えるでしょう。
災害時に一番欲しいのは情報です。
電気があればラジオや小型テレビなどが利用できますし、スマートフォンも基地局が生きていれば利用できます。
万が一に備えて、ぜひ導入しておきましょう。